玉川衛材株式会社
フィッティ®のマスク美人画
フィッティ®のマスク美人画
マスク姿の写真をもとに

描かれる、
世界で1枚の

オリジナルイラスト。
マスク姿の写真を投稿することで素顔のイラストをオリジナルで描いてもらえる、玉川衛材のマスクブランド「フィッティ」のデジタルキャンペーンです。
イラストはマスクの下に隠された素顔をイメージし、表情やポーズ、雰囲気から連想されるセリフを追加して1枚1枚手描きで作成。応募はキャンペーンサイトから自分のTwitterアカウントを連携させて、マスクを着用した写真をアップロードするだけの簡単な仕様です。出来上がったイラストは、フィッティの公式キャラクター「たまくま先生」がTweetすることでユーザーのもとに届けられる仕組みになっています。
Turn your selfie into a one-off, limited edition manga illustration.
A digital campaign for “Fitty” - Tamagawa Eizai’s mask brand - turning selfies into manga illustrations. Send in a selfie wearing a surgical allergy mask and receive a unique manga portrait drawn for you by the cute “Tamakuma Sensei” (Dr. Tamakuma). The illustrations are made by imagining the actual face hidden beneath the mask and adding facial expressions, poses and lines of speech suggested by the mood. They are all drawn one by one, by hand. Entering is a simple process of just linking the campaign website to your Twitter account and uploading a selfie of you wearing an allergy mask. Completed illustrations are delivered to users by Tweets directly from Fitty's official account, operated by "Tamakuma Sensei."
サイトそのものはシンプルなレスポンシブサイトだったので、開発はスムーズに進めることができました。ユーザーの写真投稿にはFile APIを利用。画像加工もフロントエンドで実装して、Canvasで行いました。これまでに経験してきた制作実績をもとに、クロスブラウザの対応ふくめスムーズな開発・運用を実現しました。
We created a simple responsive site, ensuring reliable operation. The File API was used to handle the contributed selfies. Image processing was through front end implementation, and was carried out with Canvas. Building on our experience with past projects allowed us to complete development efficiently and realize effective cross browser correspondence.

FTはデジタルの力を活用した
新たなコミュニケーションを創出しています。

FT - digital communication
from concept to execution

NEXT
育児を楽しくアシストして、
コミュニケーションを育む次世代玩具。
Pechat